PC版トップページはこちら
さつき歯科クリニック 電話番号
治療案内
歯科
虫歯と歯周病の治療を行います。基本的に歯は極力抜かない方法で様々な分野の知識、技術を生かし、患者様が豊かで快適な生活を送れるようお導きしたいと思います。

過去に一度、痛い治療、押さえつけられての治療を受け、 「歯医者はすごく痛いもの」などと先入観を持ち、歯医者嫌いのまま、大人になられた方がいらっしゃると思います。 表面麻酔や、電動式麻酔などを用い、可能な限り、痛みに配慮した治療に努めております。
著しく不安の強い方にも十分な対処が可能になりました。(ただし炎症急性症状の場合 お痛みを取りにくいときもあります)
痛みに配慮した治療の手順

当院の行っている麻酔の手順 (注射の手順)
1 .表面麻酔
針を刺す場所の歯茎の表面を麻痺させ刺す痛みを減らします。 上の写真の白地に黄色いラインのボトルはバナナ味です。 お子様にも安心ですね。

2. 極力細い針の使用
痛みを抑えるためには細い針のほうがよいのです。現在最も細いと言われる33ゲージを使っています。

3. テクニック
麻酔の針を入れる際に、針を動かさずに歯肉を振動させて、薬液を入れることにより、さらに痛みを軽減します。
小児歯科
緊急性のある場合以外は、本人が自らの意思で口を開け、治療を乗り越えていこうという気持ちを育てます。 嫌がる場合は最初から削らずに、練習から始めるようにしております。
治療に連れてこられるお母さん、お父さんは非常に根気が要りますが、お子様の成長は驚くほどで、それがご両親や我々の大きな喜びにもなります。

始めは大泣きしてしまっても諦めないでください。医師、スタッフの顔に慣れてくれば 診察・治療ができるようになることがほとんどです。無理せず、少しずつでも進めていきましょう。
予防について
生活習慣や食生活、フッ素の利用状況、磨き方など、いろいろな角度からリスクコントロールを実施します。その上でプロの技術によって隅々まで痛み無く歯の表面を傷つけずに清掃します。
痛くなってから慌てて歯科にくるのではなく、痛くなる前、ひどくなる前から一緒に予防していきませんか? ぎりぎりまで我慢するのは、歯にとって本当によくないことです。

ずっと自分の歯で過ごしたい・・・と思うのならば予防は欠かすことの出来ない大切なことです。
歯科口腔外科
歯科で扱う病気の大部分は虫歯と歯槽膿漏ですが、これら以外にも口の中の病気があります。顎の骨が折れることもありますし、腫瘍ができることもあります。
こういった虫歯や歯槽膿漏以外の口腔の病気を専門としてみるのが、歯科口腔外科です。
抜歯、歯の炎症や外傷の処置、口腔内の疾患の早期発見などを行います。
審美治療について
バランスの取れた美しい口元を作り出し、自信を持った明るい笑顔へと導きます。ホワイトニング(歯の漂白)やメタルボンド、オールセラミック、ハイブリッドセラミック(歯のかぶせ物)など取り入れています。

口元に自信がない、コンプレックスを解消したい方などに喜ばれています。
▲PageTop
チームメンバー募集
診療時間・アクセス
当院について 治療案内 料金案内
院長紹介 設備紹介 院内紹介
HOME / PC版